Tags:, , , , ,
Search:, , , , ,


 香港のホテルは、ほとんどの所で、WiFiサービスを提供しています。ただし、有償サービスになっている所が多く、今回、香港で泊まったホテルも有償で結構高いようです・・・。
 今回、ラップトップPCへの接続、ホテルのWiFiサービス利用は、最初からパスして、SIMフリーのUSBモデムとWiFiルーター を持ち込みました・・・。
 香港CSL One2FreeプリペイドSIMカード「Mobile Broadband」は、SIMフリーのUSBモデム「Huawei E355」を入れて接続することにしました。このUSBモデム「Huawei E355」は、WiFiルーターの機能も持っています。日本で、docomoのMVNOに接続テストをやった報告は、下記のブログを参照して下さい。

◎SIMフリーUSBモデム「Huawei E355」 楽天LTEで接続テスト~設定は「ゼロインストール」で簡単!



データ通信用SIMカード単体で購入・・・

 香港国際空港の出発ロビーには、CSLや3香港、中国移動香港などの直営ショップが有ります。今回、空港に到着後、出発ロビーに上がって、CSL直営ショップへ行き、「Mobile Broadband」のプリペイドSIMカードを購入する予定でしたが、CSLは2ブランドあるようで、one2free のものは無いと言われてしまいました。

 なお、香港の他キャリアのプリペイドSIMカードの情報は、下記のブログにも記載してありますから、参考にして下さい。

◎香港・PCCWが香港政府観光局タイアップで 旅行者向けSIMカード~短期使用限定 5日間/69HKドル/データ1.5GB OK

◎香港・3HK「Rechargeable Micro SIM 」 カード/150HKドル~Wifiルーター「ZTE MF60」で接続OK 7日間データ定額/78HKドル

◎香港3HK~プリペイドSIM/HSDPAカード


 今回、香港国際空港で手に入りませんでしたので、結局、バッタ屋の集まる地下鉄深水埗駅、「黄金商場」近くのone2free直営店で手に入れました。
 購入したのは「Mobile Broadband Prepaid SIM Card」で、価格は、SIMカード単体、100HKドルです。初期残高100HKドル、有効期間は、開通から180日、チャージすれば有効期間は延長されます。なお、香港の行政服務費は、免費=無料です。

 また、「one2free Mobile Broadband Starter Pack」という、このSIMカードにUSBモデム付きのパッケージプラン888HKドルも有ります。ただし、付いているUSBモデム、ZTE製USBデータ通信端末「MF636」(HSPA対応)は、SIMロックがかかっているようです。なお、データ通信に必要なAPNは「CSLP3」です。
 購入したMobile Broadband Prepaid SIM カード、さっそく、USBモデム「Huawei E355」に挿し、パソコンに接続しました。設定用のアプリは導入済みなので、APNの設定を行いました。

 下記の写真の通りですが、まず、新しいProfileを作り、one2freeのAPN(APN:「CSLP3」)の設定を行い、保存します。そして、「Mobile Connection」で、接続先に、新しく作った「one2free」を選択してから、「Apply」をクリックすれば、USBモデム「Huawei E355」とCSL電波網の接続が開始され、インターネットの接続が可能となります。下記の写真を参照してください。

 



 


 
データ定額プランと設定手続きは・・・
  この「CSL one2free Mobile Broadband 」のデータ定額プラン、基本となるプランは3種類です。時間単位、日単位、1週間単位になります。
 ただし、日及び1週間単位の場合、利用開始時から時間計算ですので、他社のような暦日単位ではないようで便利です。今回は、土曜日のお昼に香港着、月曜日の午前便で出国ですので、Day Pass=日単位で利用しました・・・。先に、スマートホンにこのSIMカードを入れて、*101*832*3#のUSSDコードに発信して手続きしました。下記のSMSで、設定確認の返事がきました。

 
◎  8HKドル/時間
 ◎  28HKドル/日 (利用開始時から24時間)
 ◎  78HKドル/週 (利用開始時から168時間)
 
 
申請手続きは、USSDコードをつかい、下記の番号に電話発信をします。

 ◎  8HKドル/時間  *101*832*2#
 ◎  28HKドル/日    *101*832*3#  
 ◎  78HKドル/週         *101*832*4#

接続速度は・・・

 香港の場合、大手のキャリア、どこでも同じくらいの接続速度がでます。 one2free も、下り6.69Mbps、上り1.78Mbpsですから、他社とはあまり変わりませんね。
 
 



codigo dessa postagem para Site & blogs em codigo html5




As 10 ultimas Paginas adicionadas
As 10 ultimas Paginas adicionadas


0





ul { list-style-type: none; margin: 0; padding: 0; overflow: hidden; background-color: #333; } li { float: left; } li a { display: block; color: white; text-align: center; padding: 14px 16px; text-decoration: none; } li a:hover:not(.active) { background-color: #111; } .active { background-color: #4CAF50; } DMCA report abuse Home Todas Pastas Auto Post sitemap Blog "Sem Imagens" oLink xxx USBモデム「Huawei E355」 香港CSLのSIMカードで接続~One2Freeのデータ定額1日定額28HKドルOK Tags:#e355, #broadband, #mobile, #usbhuawei, #one2free, Search:e355, broadband, mobile, usbhuawei, one2free,  香港のホテルは、ほとんどの所で、WiFiサービスを提供しています。ただし、有償サービスになっている所が多く、今回、香港で泊まったホテルも有償で結構高いようです・・・。 今回、ラップトップPCへの接続、ホテルのWiFiサービス利用は、最初からパスして、SIMフリーのUSBモデムとWiFiルーター を持ち込みました・・・。 香港CSL One2FreeプリペイドSIMカード「Mobile Broadband」は、SIMフリーのUSBモデム「Huawei E355」を入れて接続することにしました。このUSBモデム「Huawei E355」は、WiFiルーターの機能も持っています。日本で、docomoのMVNOに接続テストをやった報告は、下記のブログを参照して下さい。◎SIMフリーUSBモデム「Huawei E355」 楽天LTEで接続テスト~設定は「ゼロインストール」で簡単! http://tabitabi2400016.blogspot.jp/2013/10/simusbhuawei-e355-lte.htmlデータ通信用SIMカード単体で購入・・・ 香港国際空港の出発ロビーには、CSLや3香港、中国移動香港などの直営ショップが有ります。今回、空港に到着後、出発ロビーに上がって、CSL直営ショップへ行き、「Mobile Broadband」のプリペイドSIMカードを購入する予定でしたが、CSLは2ブランドあるようで、one2free のものは無いと言われてしまいました。 なお、香港の他キャリアのプリペイドSIMカードの情報は、下記のブログにも記載してありますから、参考にして下さい。◎香港・PCCWが香港政府観光局タイアップで 旅行者向けSIMカード~短期使用限定 5日間/69HKドル/データ1.5GB OK http://tabitabi2400016.blogspot.jp/2013/10/pccw-sim-569hk15gb-ok.html◎香港・3HK「Rechargeable Micro SIM 」 カード/150HKドル~Wifiルーター「ZTE MF60」で接続OK 7日間データ定額/78HKドル http://tabitabi2400016.blogspot.jp/2013/10/3hkrechargeable-micro-sim-150hkwifizte.html◎香港3HK~プリペイドSIM/HSDPAカードhttp://tabitabi2400016.blogspot.jp/2012/07/3simhsdpa.html 今回、香港国際空港で手に入りませんでしたので、結局、バッタ屋の集まる地下鉄深水埗駅、「黄金商場」近くのone2free直営店で手に入れました。 購入したのは「Mobile Broadband Prepaid SIM Card」で、価格は、SIMカード単体、100HKドルです。初期残高100HKドル、有効期間は、開通から180日、チャージすれば有効期間は延長されます。なお、香港の行政服務費は、免費=無料です。 また、「one2free Mobile Broadband Starter Pack」という、このSIMカードにUSBモデム付きのパッケージプラン888HKドルも有ります。ただし、付いているUSBモデム、ZTE製USBデータ通信端末「MF636」(HSPA対応)は、SIMロックがかかっているようです。なお、データ通信に必要なAPNは「CSLP3」です。 購入したMobile Broadband Prepaid SIM カード、さっそく、USBモデム「Huawei E355」に挿し、パソコンに接続しました。設定用のアプリは導入済みなので、APNの設定を行いました。 下記の写真の通りですが、まず、新しいProfileを作り、one2freeのAPN(APN:「CSLP3」)の設定を行い、保存します。そして、「Mobile Connection」で、接続先に、新しく作った「one2free」を選択してから、「Apply」をクリックすれば、USBモデム「Huawei E355」とCSL電波網の接続が開始され、インターネットの接続が可能となります。下記の写真を参照してください。  http://one2free.hkcsl.com/jsp/o2f_next_g/o2f_next_g/starter_pack/overview.jsp データ定額プランと設定手続きは・・・  この「CSL one2free Mobile Broadband 」のデータ定額プラン、基本となるプランは3種類です。時間単位、日単位、1週間単位になります。 ただし、日及び1週間単位の場合、利用開始時から時間計算ですので、他社のような暦日単位ではないようで便利です。今回は、土曜日のお昼に香港着、月曜日の午前便で出国ですので、Day Pass=日単位で利用しました・・・。先に、スマートホンにこのSIMカードを入れて、*101*832*3#のUSSDコードに発信して手続きしました。下記のSMSで、設定確認の返事がきました。 ◎  8HKドル/時間 ◎  28HKドル/日 (利用開始時から24時間) ◎  78HKドル/週 (利用開始時から168時間)  申請手続きは、USSDコードをつかい、下記の番号に電話発信をします。 ◎  8HKドル/時間  *101*832*2# ◎  28HKドル/日    *101*832*3#   ◎  78HKドル/週         *101*832*4#接続速度は・・・ 香港の場合、大手のキャリア、どこでも同じくらいの接続速度がでます。 one2free も、下り6.69Mbps、上り1.78Mbpsですから、他社とはあまり変わりませんね。    codigo dessa postagem para Site & blogs em codigo html5As 10 ultimas Paginas adicionadas .L {position: absolute;left:0;} .C {position: absolute;} .R {position: absolute;right:0;} .uri{font-size:0;position: fixed;} As 10 ultimas Paginas adicionadas